Monthly Archives : 2009/02

2009年2月27日(金) イタリアン大通り - 2009/02/28(Sat)
オペラ通りのすぐ東側にルーヴォア広場というのがあります。ここにはかつてオペラ劇場があったのですが、今はひっそりとした公園になっています(写真①)。写真①北の方に進むとイタリアン大通りに出ます。19世紀末まではこの通りがパリのメイン・ストリートで、最も賑やかでした。カフェやレストラン、そして劇場がずらりと並んでいたのですが、今はどちらかというと、さびれた感じがします。ロンドン発の"ハード・ロック・カフ...
2009年2月26日(木) マドレーヌ寺院 - 2009/02/27(Fri)
ギリシアの神殿みたいなマドレーヌ寺院は、"マグダラのマリア"を祭っていている寺院です(写真①)。"マグダラのマリア"というのは、ダヴィンチ・コードの中で"最後の晩餐"の中には1人だけ女性がいて、それはイエスの妻であった、という設定にされている女性です(娼婦だったという説もありますが、全然そうじゃないという説の方が有力です)。写真①観光客やコンサートが多いので景気が良いようで、内装...
2009年2月25日(水) カルチエ・ラタン - 2009/02/26(Thu)
カルチエ・ラタンにはパリ大学文学部(ソルボンヌ)や高等師範学校(エコール・ノルマル)、リセ・アンリ・キャトル(4世)校など、教育機関がひしめき合っています。その中心は、しいて言えばサン・ミッシェル広場でしょうか(写真①)。写真①このあたりを中心に、カフェやレストランがたくさんありますが、シャンゼリゼ、オペラ界隈とはずいぶん雰囲気が違います(写真②)。写真②デカルトやルソーなど、フランスの偉人達を祀る霊廟、"...
2009年2月24日(火) ロブション - 2009/02/25(Wed)
"ラトリエ・ド・ジョエル・ロブション"という"洋食屋さん"に行ってきました。そう、ここはフレンチ・レストランじゃなく、"超高級洋食屋さん"です。そして、コンセプトはもろ"ニッポン"です(写真①)。写真①日頃低級なものしか食べない私が、なぜこんな店に行ったのかといいますと、この店にソムリエ(ール)として勤めているカオリちゃんという日本人が、私の息子の親しい友達だからです(写...
2009年2月23日(月) リュクサンブール公園Ⅱ - 2009/02/24(Tue)
リュクサンブール公園の入り口前で手回しオルガンを弾いている(たぶん)夫婦がいましたが、奥さんの方は(たぶん)何もしていません。遠方にパンテオンが見えます(写真①)。写真①公園の中に有料のプチ公園があります。チケット売り場で見ていると、英語やドイツ語で話している親子がたくさんいました(写真②)。フランス人はほとんど"無料コーナー"の方に行きます。写真②"有料コーナー"のリッチ親子です(子供よりマ...
2009年2月22日(日) リュクサンブール公園 - 2009/02/23(Mon)
ソルボンヌ大学とかがある学生街(カルチエ・ラタン)の南の方に、広大なリュクサンブール公園があります。総面積は23ヘクタールあって、ほぼ五角形なんですが、その北側の囲み沿いでいつも写真展をやっています(写真①)。写真①子供たちがヨットを浮かべて遊んでいます(写真②、写真③)。写真②写真③貸しヨット屋さんは1人しかいないので、メチャもうかっているようです(写真④)。写真④寒そうに読書している人もいました。家にいづらいん...
2009年2月21日(土) ようこそ、モンパルナスに - 2009/02/22(Sun)
国鉄モンパルナス駅の前にも、パリ市庁舎前みたいにスケートリンクが設けられていました(ただし、こっちは有料でした)。(写真①)写真①TGVです。このモンパルナス発ロワール方面行きが、2007年まで世界で一番速い路線で、試験走行時速515.3kmを記録していたのですが、現在はパリ-ストラスブール間の574.8km/hが世界記録です。それにしても、通常の時速300km運転も速いですよね(写真②)。写真②駅周辺の平均的建物です(写真③)。写真③メ...
2009年2月20日(金) モンパルナス・タワー - 2009/02/21(Sat)
メトロのモンパルナス駅から地上に出たところです。後ろに高層ビル(タワー)が見えますね(写真①)。写真①このタワーは、パリで初めて建設された59階建て(209m)の高層建築です(写真②)。写真②この辺はパリで一番映画館が集中しているところです。またクレープ屋も多いのですが、これは、国鉄のモンパルナス駅がクレープで有名なブルターニュ地方への発着駅だからです(写真③)。写真③近くの店のシャッターに誰かが落書きをしていましたが...
2009年2月19日(木) ヴォージュ広場 - 2009/02/20(Fri)
マレー(沼)地区のヴォージュ広場に行ってきました(写真①)。写真①しゃけ色の建物が四方を囲んでいて、中に公園があります。"ヴォージュ"というのはドイツ国境近くの県の名前なのですが、この県がフランス革命後一番先に税金を払ったごほうびに、という"しょうもない"理由で、ヴォージュ広場と呼ばれています(写真②)。写真②建物と公園の間がアーケードの回廊になっていて、カフェなどがあります(写真③)。写真③近...
2009年2月18日(水) ロレット - 2009/02/19(Thu)
オペラ座から少し北東に歩くと、ノートルダム・ド・ロレットという教会があります。外観は地味だけど(写真①)、中は良いです(特に天井とか壁画)。(写真②、写真③、写真④)写真①写真②写真③写真④画家のゴーギャンはこの近くで生まれたそうですし、ドラクロワのアトリエもこの辺だったので、昔は芸術家などが集まる庶民的な界隈だったんでしょうね(19世紀には娼婦のことを"ロレット"と呼ぶこともありました)。近所にこんな店も...