fc2ブログ

Monthly Archives : 2021/05

もう涙はいらない - 2021/05/30(Sun)
今まで出られなかった分、皆『これでもか』というぐらい外に出ています。また振り出しに戻らねばいいのですが。。...
金曜日はポエジー 第22回 - 2021/05/29(Sat)
                  母音        (VOYELLES)     ランボー作  浜和幸訳   A(ア)は黒、E(ウ)は白、I(イ)は赤、U(ユ)緑、O(オ)青.    母音たちよ、僕はいつの日かお前達の   誕生の秘密を語るだろう. Aはひどい悪臭にまとわって光る   蠅の毛でできた黒いコルセット、日陰の入り江.   Eは湯気やテントの無垢な白さ、自慢気な氷山の槍先、   白装束の王様、サクラソウの震...
記憶にございません! - 2021/05/27(Thu)
『メモリーカード』が新しくなるというのは、新しいメモリー(記憶)が始まるという事でしょうか。新しければ『記憶』じゃない様な気もするのですが。。...
大事件 - 2021/05/25(Tue)
私的な『大事件』が起きました。さきほど今日のブログをアップしようと写真を選んだ直後に写真のメモリーカードを紛失しました。ちょうど孫を二人預かっていたので彼らがどこかに移動させたのかも知れませんし、僕が無意識にどこかに置いたのかも知れません。一応徹底的に探したのですが発見できませんでした。。約4000枚分のマスクをしたパリジャンの写真が行方不明になってしまいました。まあこういう事も人生にはあるモンです。...
五月の別れ - 2021/05/23(Sun)
もうすぐ五月ともお別れなのに、まだ寒いです。人間の思い通りにならないモノは、全て『自然』と呼ばれます。...
金曜日はポエジー 第21回 - 2021/05/22(Sat)
       沈む夕日    (Le soleil couchant)   ヴェルレーヌ作  浜和幸訳  すっかり弱り切った曙が、  沈む夕日のメランコリーを、  野に降り注いでいる.  そのメランコリーが、  夕日に魅せられた私の心を、  優しい歌で揺さぶってくれる.  すると、  砂浜に沈む夕日に似た  奇妙な幻影を私は見るのだ.  おお、真っ赤な亡霊が、  絶え間なく通り過ぎて行くではないか.  砂浜に沈む大きな夕...
新しい時代 - 2021/05/20(Thu)
カフェも再開したし、感染者数も激減してきたので、「新しい時代」が始まりそうな予感がします。...
Time goes by - 2021/05/18(Tue)
『未来』という場所に大量の時間のストックがあって、ドバーっと『現在』の方に流れ込んで来るので、その勢いで私達は『過去』の記憶にたどり着けるのかも知れませんね。...
誰もいない - 2021/05/16(Sun)
年末には世界がどんな風になっているか、自分の身の回りに何が起きているか、分かる人は誰もいないですよね。...
金曜日はポエジー 第20回 - 2021/05/14(Fri)
        雨が降っている         (Il pleut)     アポリネール作  浜和幸訳   思い出の中でさえ消え去っていた   女達の声が降っている   人生の素晴らしい出会いも   雨粒になって降っている   暴れそうな雲が   耳をそばだてた街で馬の様にいなないている      後悔と嘲りが 古い音楽のように   降っているのを聞いてごらん   あれはお前を上と下から繋いでいる絆が...