fc2ブログ

Monthly Archives : 2022/09

はじめての出来事 - 2022/09/29(Thu)
“コロナ”はもう忘れられ始めています。「歴史的出来事だった」という実感もそれほどありませんが、きっと『歴史』には残るのでしょうね。...
優しい雨 - 2022/09/27(Tue)
毎日5~6時間の授業続きで、少々疲れています。写真を撮る時間が充分に取れません。...
今あなたに歌いたい - 2022/09/25(Sun)
昔使っていた“オンボロカメラ”で撮影しました。老体の動きは「ぎごちない」ですが、何故か懐かしい匂いがしました。。...
金曜日はポエジー 第91回 - 2022/09/24(Sat)
           もう嘘は恐くない       (A la fin, les mensonges ne me font plus peur)        アポリネール作  浜和幸訳     もう嘘は恐くない.     目玉焼きのように焼けているのは 月だよ.     水滴のネックレスは 溺れた女に飾るんだ.     これは二つのいばらの冠を作るための     時計草のブーケです.     道がさっきの雨で濡れている.     働き者の天使が ...
私の試練 This is my trial - 2022/09/22(Thu)
一枚目の写真を撮った直後にカメラが作動しなくなりました。大至急対策を練らねばなりません。人生には“試練”が多いですよね。。...
追いかけてヨコハマ - 2022/09/20(Tue)
9月も「終盤」という事は、もうすぐ10月で、その後2022年も終わる。完全に『数字』に追われていますよねえ。。...
季節と私の話。 - 2022/09/18(Sun)
新しい季節に向けて、さりげなく準備は進められています。季節の方も、人間の方も。...
金曜日はポエジー 第90回 - 2022/09/16(Fri)
           明け方        (Au point du jour)      ユゴー作   浜和幸訳     明け方は大抵、 はっとして目を覚ます.   朝日や 夢の終わりや   鳥の声や 風などに 起こされるのだ.   私はすぐに 仕事を始める.  近隣の    貧しい労働者たちよりも早く.   夜が去って消えゆく星の下で、   私は時として ぼんやりと迷う.   私は立って仕事をするのだが、自分の中に...
おしえて - 2022/09/15(Thu)
生まれて何十年間、一日も休まず、学んだり感じたりしてきたハズなのに、高校ぐらいからそれほど賢くなっていないみたいですよね。...
風のとおり道 - 2022/09/13(Tue)
お金が入っても、すぐ出て行きます。せっかく食べた物も、(カスは)結局は、出すし、人間ってただの“通り道”なんですかね。。...