fc2ブログ

Monthly Archives : 2022/12

金曜日はポエジー 第105回 - 2022/12/31(Sat)
        朝  【抜粋】         (Matin)     ランボー作  浜和幸訳  かつて僕にも、 英雄的で華々しく、  金箔に刻まれるような、  愛すべき青春があったのだ.  あふれる幸運が!  なのにどんな罪、どんな過ちがあって、  今のこの衰弱が やって来たのだろう.  野獣は悲しみに呻き、病人は絶望し、  死者は悪夢を見るものだと言う者たちよ、  僕の惰眠と堕落について教えてくれまい...
過ぎ去りし想い出は - 2022/12/29(Thu)
“しなくちゃならない事”をやっている内に、2022年は過ぎ去りました。“したかった事”は余りできませんでした。...
お祭りの夜 - 2022/12/27(Tue)
歳のせいなのか、私の社交性が減退したのか、「お祭り」も二日続くと非常に疲れます。...
僕だけのメリークリスマス - 2022/12/25(Sun)
特に信心とかは無くても、宗教儀式やお祭りを祝って、皆で楽しむのは良いことだと思います。...
金曜日はポエジー 第104回 - 2022/12/24(Sat)
           生活          (Vivants)       ユゴー作  浜和幸訳  そうとも. 私は皆が宴に行くことも、  群れをなして目を輝かせることも、  君たちのしていることの全ては理解できるのだ.  それらを心地よく思う気持ちも分かる.    でも、星空の下に一人棲み、  人から忘れ去られた道を往来し、  大気を胸に吸い込むだけの私の暮らしは、  辛く寂しく見えるかも知れないが、  ...
時には昔の話を - 2022/12/22(Thu)
昔流行った歌を聴いたり、昔の話をするのは楽しいですね。最近の話題や歌には余り興味がありません。...
高い熱の少女 - 2022/12/20(Tue)
追いついたり離されたり、スポーツ観戦に夢中になるのは、「人生の縮図」みたいだからでしょうね。...
真冬の恋人たち - 2022/12/18(Sun)
徐々に「本番」に向かっています。踊らされていると分かっていても、“区切り”だと思えば良いのでしょうね。...
金曜日はポエジー 第103回 - 2022/12/17(Sat)
          生ける燭台        (Le Flambeau Vivant)       ボードレール作  浜和幸訳   博識な天使に磁化されたと思われる   とても明るい眼が私の前を歩いている.   私の兄弟であるその神聖なるものは、   ダイヤの炎を揺らせながら進んでいる.   あらゆる罠や深い罪から私を守り、   美の道へと私を導いてくれる眼だ.   彼らは私の従僕であり 私は彼らの奴隷.   我が全存...
外は白い雪の夜 - 2022/12/15(Thu)
夜の間外は雪だったようです。授業の後にはすっかり消えていました。次はいつ降るでしょうね。...