西暦1392年~1910年

     イザ国(1392)へ  行く日を(1910)創る  李氏朝鮮

      我々日本人て、朝鮮半島の歴史や文化について驚くほど無知、無関心ですよね。
      北朝鮮は超問題児なので余り関わりたくないのは分かります。でも韓国はドラマや
      焼肉やBTSとかで、親近感はそれなりにあるという方がフツーだと思うのですが、
      19世紀、18世紀、それ以前の様子などには全くイメージも興味も湧かないですよね。

      鎌倉時代の日本に中国のモンゴル系王朝“元”が攻めて来て“元寇”と恐れて
      いたのですが、朝鮮も元には脅かされ続けていました。それに加えて日本側からも
      "倭寇”と呼ばれる(陸まで上がって来る)海賊に悩まされていました。この“倭寇”と
      戦って勝利し、"元”にも対抗し続けたスーパーヒーローの李氏が1392年に
      朝鮮王朝を開きました。この『李氏朝鮮』は、日本の占領が始まる1910年まで
      存続する事になります。(但し1897年に国号を“大韓民国”に変えました。)

      この李家の東京別邸が後に赤坂プリンスホテル(旧館)として使用される建物で、
      ホテル閉鎖後の現在も文化財として保存されています。それだから赤坂近辺は
      やたらと韓国料理店が多いのですね。
      
スポンサーサイト