ため息
        (Soupir)

   マラルメ作  浜和幸訳

   おお物静かな妹よ 僕の魂は
   赤茶色のしみに染まった秋が夢を見ている
   お前の額へと向かっている

   天使のようなお前の目に映ってさまよう空に
   僕の魂は昇り続けるのだ
   メランコリックな庭園にある噴水の白い水が
   青空に向かってため息をつくように

      青白く澄んだ十月の穏やかな空!
   
   それは大きな池に無限の憂いを映じ
   褐色の枯葉のような苦悩が風に舞い
   冷たい襞(ひだ)を刻む濁った水に
   夕陽の黄色い光が長く伸びるに
   任せているではないか.
スポンサーサイト